お湯で落とせる化粧下地として話題になっていた
資生堂の「フルメークウォッシャブルベース(FWB)」をBling様よりお試しさせていただいています。


まずはこれってどんな下地?てのが私もよくわかってなかったのですが

この下地の上に重ねたメイクがお湯で落とせちゃうというものだそうです。
「お湯で落とせる」モノって今までだと化粧下地とかマスカラとか単品ではあったけど
下地の上に重ねたモノなら落とせちゃうってのがすごくなぁとまず思いました。

使ってみてまず思ったのは、下地としては何の変哲もないなってこと。
こんな不思議な機能だから、パリっとしちゃうとか使用感が少し変わってるのかな?
と勝手に思っていたのですが
塗ってみても普通。これはとても安心なポイントでした。





さて。
お湯落ちのほどは?と実験。

まずは下地を塗ります。(顔に塗るときはパール粒2つ分だそうです。結構多め)



伸ばしたあとにファンデを塗ります。(もちろん上が下地あり、下が下地なし)



伸ばしたあとにお湯でジャーと流しながらくるくるとなじませました。
(写真だと落ちてるのか落ちてないのかまったくわかりませんでした)



ウォータータイプのクレンジングでふき取ってみました。
(上が下地なし、下が下地あり。さっきと逆でわかりにくくてすみません)



下地の量が少なかったのと、塗ってない部分にもファンデを伸ばしすぎちゃったので
若干下地ありでもファンデは残ってたのですが
オフしたコットンを見たら、下地なしのほうがファンデがハッキリ残っていました。


ポイントメイクでウォータープルーフを使っていると落ちにくいこともあるみたいなので
そういう場合は専用のクレンジングを使ってからのほうがいいみたいですが
クレンジングによる肌の負担っていうのも間違いなくある、と私は思っているので
肌の状態によって上手いこと使い分けをして使っていこうと思います。

ポイントメイクをしないけどBBクリームは塗る休日の日とか
旅行のときにクレンジングを持っていくのが面倒なときとか
いろいろ便利に使えそうです。

資生堂 フルメーク ウォッシャブル ベース(FWB)について詳しくはこちらから