visualforceの備忘録...

 

visualforceにカスタムで選択肢を作成して値を取得。

1.取引先責任者のページにvisualforceへ遷移するカスタムボタンを設置。

2.遷移したページに選択リストを表示して取得した値を表示。

 

使ったのはSelectOptionクラス

コントローラ拡張(呼び方合ってるのか。。)で選択肢のリストを用意してVF側で呼び出す。

 VF内で直接CSSを書いてしまってるが、ちゃんと作る時は静的リソースに分けて作ります。

 

gistc1f05db85e260e5aab61b6de7490654c

 

gist5300ab2df3f8611ea6bdde3d87ec7b46

 

実際の画面は。。。

f:id:iwaoLog:20170731201857p:plain

こんな感じで表示されます。ラジオボタンで作成(selectRadio)

VFのタグで、layoutを指定しないとデフォルトは横配置になります(layout="lineDirection")。今回はpageDirectionで縦に配置。

 

そして、どれか選択してボタンを押したら赤字で選択肢のvalueを表示したのが下。

 

f:id:iwaoLog:20170731201901p:plain

こんな感じです。

実際は選択されていないでボタンを押した場合の処理なども考慮する必要があるかと思います。

今回はあくまでサンプルなので割愛。

 

カスタムコントローラで作っても良かったのですが、標準コントローラも利用しつつこのページをベースにあれこれやってみようと思います。